低身長治療・背を伸ばす方法 すくすく

低身長治療~背をどんどん伸ばすには~

~はじめに~

子供の身長発育に関しては、食事、活動、睡眠などの生活内容が大きなウェイトを占めているのは確かです。背の伸びをロスさせてしまう生活パターンが存在するのも確かです。

一方、身長発育には、遺伝の影響もあります。遺伝による低身長というのは、第二次性徴期(よく伸びる2年)が、早く始まることが原因となります。男なら、「小学校5年生、6年生で並ぶ順番が後ろに行った」「中学生で伸びが止まった」「声変わりが早かった」などであり、女なら「初潮が早く始まった」(通常は、12歳数カ月で始まる)であります。ご両親の一方でも、これらの思いあたりがあれば、子育てには特別な注意が必要です。

背を伸ばすのに役立つ栄養素などは実際に存在します。ただし、背が伸びるプロセスの時期をよく考えないで、やみくもに利用すると、最終的には身長のロスになることもあります。一方では、診療現場には有効な治療方法がたくさんあります。このホームページをよく勉強して、お子様のために最善の選択をしてくださることを願っております。
(勉強して十分に修得するのは、3日で十分です。その3日で、子供の身長の命運が決まります)

子供の成長の時期に関しては、背が伸びゆく過程の観点から、

幼少発育期 → 安定伸長期 → よく伸びる2年 → 止まりゆく3年

の時期に分かれます。どの時期であるかを検討し、その時の身体状況を分析して、適切に指導を受ければ、身長の伸び率を最大に高め、最終身長をその子供の潜在能力の最大値に持ち込むことが可能です。もちろん、両親の遺伝の影響を極小にすることも可能です。(遺伝を心配する場合は、10歳までに手を打つ必要があります。10歳を超えているときは、下記の相談フォームで相談してください)

背を伸ばすためのキーワードは、「栄養素」「栄養量」「蛋白同化作用」「骨端線温存」「初歩的再生医療」です。特に、栄養素の問題は重要です。「体内で蛋白質を作り出す作用」のことを蛋白同化作用といいますが、このためには栄養素であるアルギニンがキーになります。アルギニンは、大人にとっては栄養学的に非必須アミノ酸ですが、子供にとっては必須アミノ酸です。潜在的アルギニン不足で背の伸びをロスしている子供が多くいます。

しかし、もっとも重要なのは、ご両親が持つ「身長発育に関する知識」です。ご両親の知識が乏しかったために低身長になってしまった、という子供がほとんどです。
子供の未来は、ご両親の知識、遺伝、栄養素、栄養量で決まると言っても過言ではありません。このホームページで、できるだけ多くのご両親が、身長発育の知識を身につけて、子供の背をできる限り高くしてあげられるようになることを願っております

背が伸びゆく過程

まず大切なことが二つあります

大切なこと第1

学校で背の順に並んだ時、4月生まれと3月生まれでは、大きな差が生まれます。だから単純に並んでいる順番ではなく、その年齢(○歳〇カ月)における日本の平均身長との比較が大切です。平均身長の一覧表を見て、あなたの子供が平均身長に比べて、どれくらい低いかをチェックして下さい。

大切なこと第2

そして、下のグラフを見て、あなたの子供が身長発育のプロセスのどの段階であるかを考えてみてください。
4歳未満なら「幼少発育期」です。
4歳0カ月で、ぴったり100㎝になります。
「安定伸長期」は、毎年5~6㎝の伸びが普通です。
「よく伸びる2年」は、男は1年あたり8.7㎝の伸び、女は1年あたり7.4㎝の伸びで、真ん中の1年をとると男女とも10㎝以上伸びます。
「止まりゆく3年」は、最初の1年で4~5㎝伸びます。次の1年で2㎝の伸びです。最後の1年は1㎝の伸びです。つまり、止まりゆく3年は合計で7~8㎝の伸びになります。
睾丸、あるいはバストに変化が現れ、食欲も高まっているなら「よく伸びる2年」の入り口。
陰毛、腋毛が生えてきたら、「よく伸びる2年」の中盤。
男の声変わりは「よく伸びる2年」の終盤(早く始まることあり)。
女の生理が始まるのは、「止まりゆく3年」に入ってから。
「よく伸びる2年」と「止まりゆく3年」を合わせて、男は25㎝、女は22㎝の伸びです。
「よく伸びる2年」がいつ始まるかには、遺伝による差があります。平均は男11歳6か月、女10歳0カ月からですが、1年早く始まれば最終身長は5㎝低くなり、1年遅く始まれば、最終身長は5㎝高くなります。
最終身長の平均は、男171㎝、女158㎝です。

どの段階であるかがわかれば、この先にどれくらい伸びるかを予想することができます。

成長ホルモンに関して

背を伸ばすと言えば、成長ホルモンを連想します。治療に用いられることもありますので、ご両親はまず成長ホルモンに関する正確な知識を身につけなければいけません。成長ホルモンは、注射で投与することもありますが、最近は、舌の下から吸収される性質を利用する投与方法が増えています。この投与方法なら、注射しないので、子供には喜ばれます。ただし、成長ホルモンを投与するのは、医療機関を受診しているときですので、このサイトでは詳細は割愛します。

「成長ホルモンの詳細を知りたいという人はこちら

低身長の原因を分析してください

「今の身長が平均より低い、あるいは、最終身長が低くなりそうだ」という場合、必ず原因があります。成長ホルモンの分泌不全が原因である、というケースはめったにありません。ほとんどの人が下記の原因のどれかです。

  • ミルク、離乳食をあまり摂取せず、4歳0か月の時点で100㎝より低かった →「幼少時低栄養」です。
  • 4歳まで、動き回る割にあまり食べなかった
  • 学校でいじめにあっていた → 本来は1年で5~6㎝伸びるところが、2~4㎝になってしまいます。
  • 両親不和、引っ越しでの環境激変があった → 本来は1年で5~6㎝伸びるところが、2~4㎝になってしまいます。
  • ハードに運動した後、食欲がなくなって、あまり食べなかった → 水泳、クラシックバレエ、剣道、サッカー、野球などで多いです。運動後の摂食量が減ると、伸びを極端にロスします。
  • 小学校の頃、朝食を抜いていた → 学童の午前中の消費エネルギーは大きいので、身体が飢餓を認識し、健康を守るために背の伸びを極少にします。
  • 「よく伸びる2年」でダイエットに取り組んだ → 伸びを大きくロスします。クラシックバレエに多いです。
  • 「よく伸びる2年」が早く来た → 遺伝の影響が大きいですが、4歳までに大病をした時も早く来ます。
  • 小学校5年、6年で並ぶ順番が後ろに行った → 「よく伸びる2年」が早く来てしまった場合です。
  • 中学時代に抜かされた。高校ではほとんど伸びなかった → 「よく伸びる2年」が早く来てしまった場合です。
  • 生理が早く(9歳~11歳)始まった → 「よく伸びる2年」が早く始まっていたということです。
  • 大豆食品を食べ過ぎた → 「止まりゆく3年」の伸びが、急に止まることがしばしばです。

背の伸びを挽回するには

重要なのは、今から伸ばせるかどうかです。背の伸びが悪かった原因を考え、今の身体の状況を分析すれば、背の伸びを挽回し、最終身長を高くする方法が見えてきます。個別にお応えしますので、下記のフォームでご相談ください(無料)。

このホームページの著者 風本真吾医師に無料相談

【無料】風本真吾先生が、セカンドドクターの立場から身長に関する相談に答えてくれます。

風本真吾医師のプロフィール(社)日本健康教育振興協会・身長発育研究室室長

平成元年:慶応義塾大学医学部卒業。医師免許取得
平成3年:慶応義塾大学医学部大学院入学 
平成4年4月~:29歳で、慶応病院の内科外来を担当。 
平成4年9月:四谷メディカルサロン(03-3225-1515、現「四谷メディカルクリニック」)開設。プライベートドクターシステムを始める。 
平成5年~:セミナー、講演が大好評で、健康教育事業の規模拡大へ。 
平成7年:「一億人の新健康管理バイブル」(講談社)を執筆。 
平成11年:浅井企画に所属し、テレビ出演多数。この頃から、マジンドールダイエット医療、プラセンタ医療、成長ホルモン医療、背を伸ばす医療を次々と大成させる。 
平成12年:「お使者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房)を執筆。60万部突破の大ベストセラーへ 
平成13年以後:多数の著作を執筆。現在に至る。

診療希望はこちら

「身長発育指導士」検定の教科書のご案内

もっと深く学びたい人は、「身長発育指導士」検定の教科書をお求めください。
身長発育指導士

子供を背の高い立派な体格にしてあげるために知っておくべき知識とテクニックの数々。わが子を育てる親として、他者を指導するカウンセラーとして、そして、子供たちへの教職に就くものとして、生涯、役に立つ必須の資格です。親の背が低い場合、幼少時にわが子が小さかった場合、もう止まりそうになっている場合からの逆転手法も学べます。
1冊8,000円(+消費税)

詳細・教科書の内容はこちら

 

 

低身長治療の現場から

低身長治療」を始めた1998年以来約20年。来院した合計2475人(平成25年3月末時点)に、低身長の治療として、様々な取り組みを行ってきました。ここ3年で700人以上増えました。紹介が紹介を呼んで来院者は増える一方です。(インターネット上の指導は2万人を超えています)。その経験と診療データがこのホームページに凝集されています。

一般の小児科のような「病気の治療」の観点からではなく、子供の身体作りに関する両親への教育啓蒙、子供への諭し、背を伸ばす上での生活環境の不利有利、親子と密着した実際の指導経験・治療経験などの観点から整理されています。
舌下から速やかに吸収される成長ホルモン(輸送担体の存在が示唆される)の莫大な経験を積んだ上での利用手法、体内のたんぱく質を作り出す上でのサプリメントの利用手法、食生活、日常生活の改善手法などもまとめられています。

特に、最近では再生医療の応用治療を取り入れることにより、背の伸びが止まりかけている子供、止まっている子供に対する治療成績が格段に高まっています。「骨端線が閉鎖している」あるいは「骨端線が閉じかけている」という状態からでも、学童期の年5~6cmの伸びを一定期間、再現することができています。状況次第では、胚細胞から軟骨細胞への分化誘導を促して伸びる力を回復できるのです。「ここ1年で伸びが急激に悪くなった」というくらいなら、治療によりまだまだ大いに伸ばすことが可能です。

「病気でない子供」に対する背を伸ばす目的の指導、治療に関して、莫大な経験を有しています。「(内分泌不全などの)病気ではない」と判定されたら、検査、指導を終了させる健康保険診療とは異なり、「病気ではない」と判定された以後に、多くの治療手法が集積しているのです。
あなたが望む情報をじっくりとお探しください。分からないことがあれば遠慮なくお問い合わせください。

安定伸長期なら、最終身長を予想できます

お子様の最終身長は、かなり正確に予想することができます。
予想したうえで、その身長を許容できるか、何か特別な方法に取り組むかを考えなければいけません。
特に、9~10歳までの子供の最終身長予想は重要です。今後の設定(思春期の発来、思春期発来までの食べる量、思春期発来からの食べる量)を入力すると、最終身長を予知することができます。

最終身長予想公式はこちらから

低身長とその治療に関して

平均身長より背が低い状態は、すべて低身長ということができます。その中でも診療現場的に、「病的な意味合いがあるかもしれない」と疑われるのは、-2SD以下という状態です。学童期の子供が、このレベルの低身長の場合は、成長ホルモン分泌不全性低身長や甲状腺機能低下症を疑います。

低身長をもたらす病気としては、他にも、ターナー症候群、プラダーウィリー症候群、軟骨無形成症などが挙げられますが、乳幼児期に診断されていることが多く、学童期に低身長だからといって、改めて問題になることはあまりありません。
同じ低身長でも、学童期から中学時代までに「ここ1~2年、急に伸び率が低下してきた」という場合は問題になります。通常、学童期は毎年5~6cm伸びますが、ここ1年の伸びが4cm以下の場合は、成長ホルモン分泌不全性低身長症などの病的な状態を疑わなければいけません。病気がなかった場合は、「食べる量が少なすぎる」「いじめにあっている」「激しい運動をしているために食べる量が追いつかない」などの理由が大半で、病気扱いにはなりませんが、これも手を打たなければいけない問題です。
小学生のときは背が高いほうだったのに、中学生になってどんどん抜かれてしまった、という場合は、たいていは思春期の始まりが早かった場合です。中学時代の早期に手を打てればいいのですが、もともと背が高いほうだったので油断して治療を考えず、伸びが止まりかけてから治療しようと思う両親が多いのは残念な現実です。

何かの病気が潜んでいれば、その治療を行います。健康保険で実施することができます。しかし、問題になるのは、病気ではないけれども「体質的に背が低い」という子供の場合です。日本は健康保険診療の国ですので、たいていの病院では治療対象にならず、「治療するタイプの低身長症ではありません」といわれてしまいます。しかし、子供を育てているご両親としては、何とかして背を高めてあげたいと思うのが親心です。

「体質的に背が低い」といっても、必ず原因があります。その原因は大別すると、「食べる量が少ない、小食である」か、「思春期の始まりが早かった」かのどちらかです。その2つの原因のどちらかで低身長になっているのが大半です。これらは治療できないわけではありません。治療の方法はあるのです。なお、思春期の始まりが早かった、というのは遺伝性があります。学童期に低身長である、という子供の場合は、治療は容易です。年間3~5cmしか伸びていない子供を、年間7~8cmの伸びにしてあげる治療は簡単です。しかし、年齢を重ねるほど治療は難しくなります。14~17歳で「ここ1年の伸びが1cmしかありません」という子供の場合は、余分に2~6cm伸ばしてあげるのが、やっとという状態になります。しかし、その2~6cmの伸びでも大喜びしてくれる人が多いのが実情です。

子供の身体の発育と頭脳の発達を見守るのはご両親の大切な役割です。「わが子が低身長だ」と思った場合は、「そのうち伸びるだろう」と楽観してはいけません。4歳~学童期に背が低かった子供は、よほどのこと(思春期遅発)がない限り、最後まで背が低いままです。一刻も早く何かの対策を講じるようにしなければいけません。

このホームページの著者 風本真吾医師に無料相談

【無料】風本真吾先生が、セカンドドクターの立場から身長に関する相談に答えてくれます。

風本真吾医師のプロフィール(社)日本健康教育振興協会・身長発育研究室室長

平成元年:慶応義塾大学医学部卒業。医師免許取得
平成3年:慶応義塾大学医学部大学院入学 
平成4年4月~:29歳で、慶応病院の内科外来を担当。 
平成4年9月:四谷メディカルサロン(03-3225-1515、現「四谷メディカルクリニック」)開設。プライベートドクターシステムを始める。 
平成5年~:セミナー、講演が大好評で、健康教育事業の規模拡大へ。 
平成7年:「一億人の新健康管理バイブル」(講談社)を執筆。 
平成11年:浅井企画に所属し、テレビ出演多数。この頃から、マジンドールダイエット医療、プラセンタ医療、成長ホルモン医療、背を伸ばす医療を次々と大成させる。 
平成12年:「お使者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房)を執筆。60万部突破の大ベストセラーへ 
平成13年以後:多数の著作を執筆。現在に至る。

診療希望はこちら

低身長のパターン・・あなたの(子供の)低身長の原因は?

幼少時低身長・・・幼稚園に入ったときに小さい方である場合

「離乳食をあまり食べなかった」「幼少時、小食だった」「すぐに吐いてしまう子だった」「よく熱を出して、食べられない時期があった」などの理由で、幼稚園に入ったときに一番小さい方である、というのは要注意です。幼少時低身長そのまま挽回できず、背が低いままということが非常に多いものです。何か対策を立てなければ、最終身長が男の子で165cmまで、女の子で152cmまでになってしまいます。親は一生懸命食べさせようとするのですが、子供の食欲は本能の影響下なので、なかなか食べてくれません。
なお、幼少時低栄養の場合次に記す思春期早発を併発することがしばしばです。その場合は、男の子なら155cm以下、女の子なら145cm以下でとどまってしまうこともしばしばです。

思春期早発・・・思春期が早めに訪れてしまった場合

思春期の最初の兆候は、男の子なら睾丸が大きくなる、女の子なら胸が膨らみ始める、というものです。その後、急に背が伸び始めます。小学校4~6年ぐらいから背が高くなり、学校で背の順に並んだときに、後ろに上がりはじめると、きわめて要注意です。「背が高くなり始めた」と喜んでいると中学生になるとほとんど伸びなくなり、皆に追い抜かれてしまうことになります。最終身長は、男の子で高くても167cmぐらい、普通なら160~165cmになります。女の子で高くても153cmぐらい、通常は145~150cm前後になってしまいます。思春期早発
特に注意してほしいのは、幼少時低栄養のために、小学1~4年生まで1番前か2番目に並んでいたのに小学校5~6年に並ぶ順番が後ろに上がり始めた場合です。この場合、男の子なら155cm以下、女の子なら145cm以下でとどまってしまうこともしばしばです。
なお、思春期早発は遺伝の影響を受けます。両親の一方が思春期早発で背が低い場合、子供も思春期早発を起こしやすいと思っていいでしょう。

成長ホルモン分泌少量

幼少時低栄養でもなく、また思春期早発でもないのに背があまり伸びないというケースもあります。「あの頃が思春期だった」という明確な時期がありません。このような場合、「成長ホルモンの分泌量が少なかった」というケースが考えられます。少しは出ているから病的な「成長ホルモン分泌不全性低身長症」とは診断されません。でも、分泌量が少ないのです。そのために背の伸びが悪いのです。

小学校時代の小食

小学生の頃に食が細くてあまり食べず、背がなかなか伸びないうちに思春期を迎えてしまうというパターンがあります。小学校時代の小食
この場合、子供の本能であまり食べないということもありますが、実際の相談を聞いていると、「野菜嫌いの子供に、教育の都合上、野菜をしっかり食べさせようとして、その結果、子供が食事を嫌うようになった」というパターンが意外と多いのに驚かされます。

思春期栄養不足・・・ダイエットなどによる栄養不足の場合

思春期栄養不足思春期に極端なダイエットをおこなったために背が伸びなかったというパターンです。
中学2年生まで普通に伸びていたのに、急に激しいダイエットに取り組んだため、背の伸びがぴたりと止まってしまった、というパターンです。

思春期の夜更かし、寝不足・・・成長ホルモンは夜11時から深夜2時の間に分泌される

思春期の夜更かし、寝不足「なぜ伸びなかったのだろう。不思議だなあ」という場合に、「どうも原因は思春期の夜更かしや夜食のようである」と最終的に診断せざるを得ないこともあります。
自己の成長ホルモンは夜の11時から深夜2時の間に分泌されます。夜ふかしや夜食のために、その自己分泌が減ったのであろう、と思わざるを得ないケースが稀ではありますが、存在します。

成長ホルモンへの反応力不足

成長ホルモンはしっかりと出ているし、幼少時低栄養でもないし、思春期も早くなかった。食も細くなくしっかりと食べている。それなのになぜか背がなかなか伸びない、というケースが実際に存在します。

この場合は、骨端線が成長ホルモンに対して反応を起こしにくい、というのが原因としか考えられません。もしかすると遺伝が関係しているかな、と思えるケースもあります。

子供の成長にはステップがある

思春期(第二次性徴期)が始まるのは、通常は男の子で11歳6ヶ月、女の子で10歳0ヶ月です。4歳から、その年齢までは、毎年5~6cmずつ伸びるのが普通です。思春期に入ると、2年間ぐんぐんと伸びます。そして、その後3年かけて止まっていきます。思春期(第二次性徴期)が始まってから、背の伸びが止まるまでの合計5年間で、きっちりと普通に成長すれば男子は合計25cm、女子は合計22cmほど伸びます。

思春期に入る頃に、男の子は睾丸が大きくなり垂れ下がってきます。女の子はバストが膨らみ始めます。よく伸びる2年間の中盤に陰毛、腋毛が生え、体毛が濃くなってきます。男の子の声変わりは、通常は、よく伸びる2年間の終盤に起こりますが、中盤に起こることもあります。女の子の生理は、よく伸びる2年間を終えて、止まり行く3年間の最初の半年以内に始まります。

このように考えると、子供の成長のステップは、4歳から思春期が始まるまでの毎年5~6cm伸びる時期、よく伸びる2年間、止まり行く3年間、その後の止まってしまった時期に分類することができます。それぞれの時期に応じて治療の方法が異なります。

それぞれの時期に応じて、治療手法や治療目標が設定されます。

子供の成長ステップ

子供の背を伸ばしたいときは、その子供がどの時期にあるかを考えて、治療の方法を検討します。実際の診療現場では細かく検討して、その身体状況に応じた指導、治療を行いますが、概略的には次のようは一般論が成立します。

  • 1~3の時期はたくさん食べることが大切です。伸び率は食べる量に比例すると言っても過言ではありません。
  • 1の時期の治療目標は、思春期の始まりまでに平均身長に追いつくことです。
  • 2の時期のストレスは大敵です。この時期の治療目標は、1ヶ月で1cm程度の高い伸び率を得ることです。
  • 2の時期は体内の伸びる力を高めてあげることが大切です。原則的に外からの成長ホルモン投与を行ってはいけません。アルギニン投与が伸び率を高める上で役立ちます。
  • 3の時期の治療は、複数の治療手法を組み合わせることになるので医師の手腕の影響が出やすいのが特徴です。
  • 3の時期は大豆食品の摂取を控えるのがいいです。
  • 3の時期はデリケートな時期といえます。強い精神的ストレスや身体的ストレスが関与したときに、急に伸びが止まり、その後まったく伸びなくなることがしばしばです。
  • 成長ホルモンが有効なのは、3と4です。2は有効ではありません。1の時期は、顕著な効果を示すこともありますので、トライする価値はありますが、効果が弱いとみたらすぐに中断するのがいいです。
  • 思春期が早く始まった場合に、性腺抑制治療を行うことがありますが、最終身長を高くできるかどうかは定かではありません。
  • 3の時期に伸びる期間の延長をもくろんで性腺抑制治療を行うことがあります。有効な結果を得ることがありますが、無効のこともしばしばです。ただし、女子の場合は、3の時期に性腺抑制療法を行うと最終身長を5cm以上、余分に伸ばせることがしばしばです。実施する価値は十分にあります。
  • 4の時期の治療は、3cm以上、あわよくば5cm以上伸ばすことが治療の目標になります。治療手法として、成長ホルモンの使用を検討しますが、通常の注射の投与では無効のことが多いですので、投与手法を工夫することになります。
  • 3の時期の後半、あるいは4の時期に、再生医療の手法を応用した治療で顕著な治療効果を挙げる例が出現しています。現在、研究中です。

最終身長予想の法則(風本式)

小児科領域では、両親の平均身長から算出する手法や成長曲線に記入する方法が用いられていますが、背の伸びを見守る医療においては、役立たないことが多く、混迷しているご両親の姿を見て、研究を重ね、西暦2000~2002年ごろに下記の訓えをまとめ、臨床現場で活用するようにしています。

最終身長予想の法則(風本式)
第1条 最終身長の平均は男子で171cm、女子で158cmである。
第2条 4歳0カ月の時点で、100cmより5cm低い子供は、その後の発育が普通なら、最終身長は平均より5cm低くなる。100cmより5cm高い子供は、その後の発育が普通なら、最終身長は平均より5cm高くなる。
一般に、4歳0カ月の時点で、100cmよりNcm低い(高い)子供は、その後の発育が普通なら、最終身長は平均よりNcm低く(高く)なる。
第3条 第二次性徴期の始まりは男子で11歳6カ月。女子で10歳0カ月である。
第二次性徴期の始まりが、1年早くなると最終身長は5cmロスする。第二次性徴期の始まりが1年遅くなると最終身長は5cmゲインする。
一般に、第二次性徴期の始まりが、N年早く(遅く)なると、最終身長は、N×5cm低く(高く)なる。
第4条 4歳から10歳前後までは、毎年5~6cm伸びる。
小食の子供は4~5cmの伸びになり、毎年1cmずつロスする。よく食べる子供は6~7cmの伸びになり毎年1cmずつゲインする。よく食べても動き回る子供の場合は、そのバランスによる。
第5条 「いじめにあっていた」「環境が激変した」「ストレスや悲しい出来事があった」「部活のキャプテンになってとりまとめが大変だった」などが、一時的に身長の伸びをロスさせることがしばしばである。
第6条 第二次性徴期の始まりは、男子は睾丸がやや大きくなり垂れ下がること、女子は胸が膨らみ始めることである。
第7条 第二次性徴期がはじまるとその後に、よく伸びる2年、止まりゆく3年を迎える。この合計5年間で通常の発育なら、男子では25cm、女子では22cm伸びる。

注)本内容を引用するときは、風本真吾氏の許可を得た上で「風本式最終身長予想の法則から引用」と明記することを要求します。

このホームページの著者 風本真吾医師に無料相談

【無料】風本真吾先生が、セカンドドクターの立場から身長に関する相談に答えてくれます。

風本真吾医師のプロフィール(社)日本健康教育振興協会・身長発育研究室室長

平成元年:慶応義塾大学医学部卒業。医師免許取得
平成3年:慶応義塾大学医学部大学院入学 
平成4年4月~:29歳で、慶応病院の内科外来を担当。 
平成4年9月:四谷メディカルサロン(03-3225-1515、現「四谷メディカルクリニック」)開設。プライベートドクターシステムを始める。 
平成5年~:セミナー、講演が大好評で、健康教育事業の規模拡大へ。 
平成7年:「一億人の新健康管理バイブル」(講談社)を執筆。 
平成11年:浅井企画に所属し、テレビ出演多数。この頃から、マジンドールダイエット医療、プラセンタ医療、成長ホルモン医療、背を伸ばす医療を次々と大成させる。 
平成12年:「お使者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房)を執筆。60万部突破の大ベストセラーへ 
平成13年以後:多数の著作を執筆。現在に至る。

診療希望はこちら

身長発育指導士

身長発育指導士
もっと深く学びたい人は、「身長発育指導士」検定の教科書をお求めください。
㈳日本健康教育振興協会

広告

身長発育指導士は、必須の知識/教員、指導員、保育士、柔整師へ
子供の身長の相談に答えられますか? 伸びるプロセス、未来の身長、遺伝の関係など。

10歳代。ここ1年の伸びが1cm。そこからでも、2~8cm伸ばせます。


お問い合わせ

 平日10:00~17:00
03-3225-1567

 

 

広告

成長ホルモン処方の診察/-四谷メディカルクリニック
低身長治療目的で、成長ホルモンを処方します。

↑ PAGE TOP